厚生労働省「ものづくりマイスター制度」では、建設業及び製造業における111職種を対象に、高度な技能を持った「ものづくりマイスター」が技能検定や技能競技大会の課題等を活用し、中小企業や学校において広く実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行っています。また、「ITマスター制度」では、ITリテラシーの強化や将来のIT人材育成に向けて、情報技術を使いこなす職業能力を付与するため、情報技術関連の優れた技能を持つ「ITマスター」が、中小企業や学校において広く講習等を行っています。両者ともに、小中学校等での講義や「ものづくり体験教室」等により、ものづくりやITの魅力の発信も行っています。

>>よくあるご質問

 

※『AdobeReader』をインストールされていない方へ

本ページには、pdfファイルへのリンクが設定されております。ブラウザでpdfファイル

を閲覧する為には、Adobe社が無償配布する『AdobeReader』が必要になります。

『AdobeReader』をご使用になっていない方は右のボタンをクリックし、Adobe社の

ページよりダウンロードしてください。